News

ノーベル化学賞はナノマシンに

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2016.161209

原文:Nature (2016-10-13) | doi: 10.1038/nature.2016.20734 | World’s tiniest machines win chemistry Nobel

Richard Van Noorden & Davide Castelvecchi

分子マシンの3人のパイオニアにノーベル化学賞が贈られる。

左からフレーザー・ストッダート、バーナード・フェリンガ、ジャンピエール・ソバージュ。 | 拡大する

L: RSC; M: UNIV. GRONINGEN; R: PATRICK HERTZOG/AFP/Getty Images

2016年のノーベル化学賞は、精巧な設計の微小な分子マシンを作製した3人の化学者に贈られる。ストラスブール大学(フランス)のジャンピエール・ソバージュ(Jean-Pierre Sauvage)、スコットランド生まれで現在ノースウェスタン大学(米国イリノイ州エバンストン)に所属するフレーザー・ストッダート(Fraser Stoddart)、フローニンゲン大学(オランダ)のバーナード・フェリンガ(Bernard Feringa)の3氏で、分子マシン開発の先駆けとなった1980年代~1990年代の研究が評価された。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度