News

37億年前の「生命の痕跡」を発見か

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2016.161106

原文:Nature (2016-08-31) | doi: 10.1038/nature.2016.20506 | Claims of Earth’s oldest fossils tantalize researchers

Alexandra Witze

グリーンランドの岩石から発見された構造物は、37億年前の生物によって作られたものだとする研究結果が報告され、論争が巻き起こっている。

この岩石中の隆起した層は、初期の生命の痕跡なのかもしれない。 | 拡大する

Allen Nutman

オーストラリアと英国の地質学者のチームが、地球上の生命に関する最古の証拠を発掘したとの報告が、Nature 2016年9月22日号に掲載された1。その証拠とは、グリーンランドの37億年前の岩石の中に含まれていた「ストロマトライト」である。ストロマトライトとは、微生物の粘液により炭酸塩や堆積物が固定されてドーム状に積み重なった縞状構造物で、カリフラワーのような形をしている。この発見にはさらなる裏付けが必要だが、誕生して間もない地球で、生命が急激に出現したことが示唆されるという。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度