News

太陽系から最も近い恒星に、地球に似た惑星

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2016.161115

原文:Nature (2016-08-25) | doi: 10.1038/nature.2016.20445 | Earth-sized planet around nearby star is astronomy dream come true

Alexandra Witze

プロキシマ・ケンタウリの周りを公転する地球サイズの惑星には、液体の水があるかもしれない。もしかすると生物もいるかもしれない。

新たに発見された惑星は、11.2日周期でプロキシマ・ケンタウリの周りを公転している。 | 拡大する

RICARDO RAMIREZ

太陽系に最も近い恒星プロキシマ・ケンタウリの周囲に、地球サイズの惑星が見つかった。さらにその惑星の軌道は、液体の水が存在するのにちょうどよい距離にあるという。ロンドン大学クイーンメアリー校(英国)の天文学者で、今回の発見をした研究チームを率いるGuillem Anglada-Escudéは、「ここから生命探査が始まるのです」と言う。この発見は、Nature 2016年8月25日号1に発表された。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度