News

公開データは自由に再利用してよいか?

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2016.161117

原文:Nature (2016-08-04) | doi: 10.1038/536016a | Legal confusion threatens to slow data science

Simon Oxenham

データをネット上に公開する科学者も、公開データを再利用したい科学者も、知的財産権について最低限の知識を持っておく必要がある。

Daniel Himmelstein。 | 拡大する

STEVE BABULJAK

第三者がネット上の公開情報に基づいて何かを作ろうとする場合、その利用許可を得るのは驚くほど困難だ。無料オンラインリソース「Hetionet」は、28のパブリックリソースに置かれている薬物と遺伝子と疾患に関するデータを相互に結びつけたもので、数百万件の生物学研究から得られた知見が1つのネットワークにまとめられている。このデータベースを作ったペンシルベニア大学(米国フィラデルフィア)のデータ科学者Daniel Himmelsteinは、データベース構築のために研究者たちに連絡をとった際、研究者の何人かから「ネット上の公開データの再配布について許可を求められたことに驚いた」と言われた。オーストリア科学アカデミー分子医学研究センターのバイオインフォマティシャンJörg Mencheは、「公開しているデータのライセンスが問題になる場合があるとは、夢にも思いませんでした」と話す。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度