News

人工ブラックホールで「ホーキング放射」を確認

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2016.161109

原文:Nature (2016-08-18) | doi: 10.1038/536258a | Artificial black hole creates its own version of Hawking radiation

Davide Castelvecchi

実験室で作り出された「音のブラックホール」で、ホーキング放射に極めて近い現象が観察された。

拡大する

Chad Baker/Photodisc/GETTY

強大な重力によりあらゆるものを吸い込むブラックホール。その名前は、光でさえここから脱出できないことに由来しているが、実は「真っ黒」ではないという。ケンブリッジ大学(英国)の理論物理学者Stephen Hawkingが40年以上前に提唱した説によれば、ブラックホールは放射を出して徐々に縮小し、最終的には消滅する。理論物理学界を揺るがしたこの現象は「ホーキング放射」と呼ばれており、これをめぐる論争はいまだに決着をみていない。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度