News Scan

クローン動物短命説は誤りだった

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2016.161108a

初の厳密な検証が行われ、通常の動物と同じであることが判明した

20年前のクローンヒツジ「ドリー」の誕生は、哺乳動物の成体細胞から抽出したDNAを未受精卵に注入することによってドナーと全く同じ遺伝情報を持つ動物を作製できることを証明した。だがドリーは若くして死んだため(6歳で死亡)、クローン動物の寿命は短いという印象が残った。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度