News

アルツハイマー病新薬候補で認知機能低下が鈍化

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2016.161102

原文:Nature (2016-08-31) | doi: 10.1038/nature.2016.20509 | Alzheimer’s treatment appears to alleviate memory loss in small trial

Erika Check Hayden

アミロイドβ仮説に基づくアルツハイマー病治療薬候補の小規模臨床試験で、認知機能低下の鈍化が観察された。現在、大規模な研究によりこの有望な初期データが裏付けられるか調査中である。

アミロイド沈着状態の変化
アミロイド沈着状態の変化 投薬前のアミロイド沈着状態(左列)と、54 週にわたるアデュカヌマブ投与後(右下)。右上はプラセボ。 | 拡大する

Ref.1

初期の臨床試験ではあるが、アデュカヌマブ(aducanumab)と呼ばれる抗体医薬の投与により、アルツハイマー病の引き金と考えられる毒性タンパク質を脳から取り除くことができる可能性が示された。この結果は、Nature 2016年9月1日号に掲載された1。ただし、この臨床試験の主な目的はアデュカヌマブの安全性をヒトで確認することであり、この薬剤がアルツハイマー病に関連する記憶障害や認知障害を軽減する作用を持つかどうかについての最終的な判断は、より大規模な2つの第III相臨床試験が完了するまで待たなければならない。それらの第III相臨床試験は現在進行中であり、少なくとも2020年まで試験継続が計画されている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度