News Feature

忘れられた大陸

中国で発見された化石人骨が、現生人類とその近縁種の進化をめぐる通説に挑戦状を叩きつける。

拡大する

DEAGOSTINI/GETTY

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2016.161016

原文:Nature (2016-07-14) | doi: 10.1038/535218a | How China is rewriting the book on human origins

Jane Qiu

中国・北京市のはずれの周口店地区に、竜骨山という小高い石灰岩の山がある。山の北側の斜面には1本の道が伸びていて、その先のフェンスに守られた洞窟群には、小学生から高齢者まで毎年15万人もの見学者が訪れる。1929年、研究者たちはこの場所で、約50万年前のものと推定される、ほぼ完全な頭蓋骨を発見した。北京原人(現 ホモ・エレクトス・ペキネンシス)と命名されたその頭蓋骨は、当時見つかっていた化石人骨の中で最も古いものの1つであったため、人類の進化はアジアで始まったに違いないと多くの研究者に思わせた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度