News Scan

宇宙にキラル分子

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2016.161007a

天の川銀河の中心近くで初検出

キラル分子は、2つの分子がそれぞれ相手の鏡像なのだが、重ね合わせられないものをいう。つまり右手と左手のような関係だ。そして生物に見られるキラル分子は、右手型か左手型のどちらか一方に限られる。例えばDNA分子のらせんはどれも、右ねじのねじ山のように時計回りに巻いている。一方、ほぼ全てのアミノ酸は左手型分子だ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度