News Feature

「温故知新」で医薬品開発

創薬コストの高騰を受け、既存の承認薬や開発が途中で中止になった化合物を対象に、新たな適応疾患を探し出して製品化する「ドラッグ・リポジショニング」と呼ばれる取り組みが盛んになっている。

拡大する

SERGE BLOCH

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2016.161021

原文:Nature (2016-06-16) | doi: 10.1038/534314a | Can you teach old drugs new tricks?

Nicola Nosengo

2010年、オックスフォード大学(英国)の薬理学者Grant Churchillのもとに、Justyn Thomasという1人の若い医師が医学研究をしたいと言ってきた。医学研修の一環として、Churchillの薬理学研究室で短期研修を行うことを選んだのだ。その医師は、「商売道具」となる薬のことを短期間で学べるような仕事をやりたいのだという。「そこで私は心の中でつぶやきました。『君にぴったりのプロジェクトがあるよ』とね」とChurchill。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度