News

細菌から新しい遺伝子カッター発見

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160117

原文:Nature (2015-10-01) | doi: 10.1038/nature.2015.18432 | Bacteria yield new gene cutter

Heidi Ledford

CRISPR系を持つ細菌に、CRISPR/Cas9系の難点を解消し得る新酵素が見つかった。

拡大する

dla4/istock/thinkstock

CRISPR/Cas9による遺伝子編集技術は遺伝学研究に大変革をもたらしつつある。科学者はこれを利用して、作物や家畜はおろか、ヒトの胚にまで手を加えており、疾患の新たな治療法が得られる可能性もある(Nature ダイジェスト 2015年7月号「ヒト胚ゲノム編集の波紋」参照)。このたび、この技術の先駆者の1人であるブロード研究所(米国マサチューセッツ州ケンブリッジ)の合成生物学者Feng Zhangを中心とする研究チームは、CRISPRをさらに簡単で正確なものにし得る新しい酵素を発見し、2015年9月25日にCellに報告した1。Cpf1と呼ばれるそのタンパク質は、1本のDNA配列を別の配列と入れ替えることにより、CRISPRが遺伝子を無力化する能力を損なうことなく、遺伝子の編集を容易にすると考えられる。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度