News

細胞内に潜む耐性菌に効く、新方式の抗生物質

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160105

原文:Nature (2015-11-04) | doi: 10.1038/nature.2015.18696 | ‘Stealth bomb’ antibiotic vanquishes drug-resistant bacteria

Erika Check Hayden

黄色ブドウ球菌の一部はマウス細胞内に隠れて存在することで抗生物質による治療に耐性を示すが、これを殺菌できる抗体–抗生物質抱合体が報告された。

メチシリン耐性の黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)には、一般的に使われる抗生物質が効かない。 | 拡大する

royaltystockphoto/ISTOCK/THINSTOCK

米国では毎年8万人以上がメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)に感染しており、ほとんど全ての抗生物質が効かないため、1万人以上が死亡している。MRSAによる死亡率がこのように高いのは、体内に侵入したMRSAが迅速に細胞内に入り込むため細胞外で作用する一般的な抗生物質では殺菌することが難しいからだと考えられている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度