News

生命科学界の頭脳が続々とテクノロジー企業へ

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160119

原文:Nature (2015-10-22) | doi: 10.1038/526484a | Tech titans lure life-sciences elite

Erika Check Hayden

グーグル社などの巨大テクノロジー企業が、ヘルスケア事業参入のために生物医学分野の一流研究者を引き入れている。

グーグル本社では、従業員に敷地内移動のための自転車が用意される。 | 拡大する

JUSTIN SULLIVAN/GETTY

無料のおいしい食事、明るく彩色された自転車、そして高給。これらは、「グーグルプレックス」という愛称で親しまれているグーグル本社(米国カリフォルニア州マウンテンビュー)の特徴として有名だ。しかし、心臓病を専門とするJessica Megaが、ハーバード大学医学系大学院(米国マサチューセッツ州ケンブリッジ)での学術研究者としての華々しいキャリアを中断して2015年3月に同社の生命科学部門の最高医学責任者に転じたのは、そうした特典のためではない。彼女を引きつけたのはその事業の野望だ。この生命科学部門は、データ解析とデータ工学に関するグーグル社のノウハウを生かして小型の電子デバイスを作り出すこと、そしてそれらを利用して現在ではあり得ない量の健康関連データを連続的に収集・解析できるようにすることを目指し設立された。この目標は、同社の親会社であるアルファベット社の傘下にも近々組み込まれることになっている(編集部註:この生命科学部門は2015年8月に独立が発表され、12月7日に「Verily」という名称で始動した)。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度