News

抗がんウイルス製剤が間もなく市場に

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160114

原文:Nature (2015-10-29) | doi: 10.1038/526622a | Cancer-fighting viruses near market

Heidi Ledford

がん治療薬として米国で初めて、ウイルス製剤T-VECが承認された。欧州もそれに続くとみられる。

拡大する

がんに対する免疫応答を誘導する遺伝子改変ヘルペスウイルス製剤が、この種のものとしては欧州と米国で初めて、治療への使用を認可される運びとなった。2015年10月23日、欧州医薬品庁(EMA)の諮問委員会は、進行性黒色腫を治療するための遺伝子組換えウイルス製剤「タリモジーン・ラハーパレプベック(talimogene laherparepvec:T-VEC)」の承認を推奨した。米国食品医薬品局(FDA)の諮問委員会もすでに同年4月に同様の推奨をしており、FDAは10月27日に同薬剤を承認した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度