News

彗星で大量の酸素分子見つかる

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160102

原文:Nature (2015-10-28) | doi: 10.1038/nature.2015.18658 | Rosetta sniffs oxygen around comet 67P

Chris Cesare

欧州宇宙機関(ESA)の探査機が訪れているチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星で、酸素分子が大量に見つかった。この発見により、太陽系形成理論に再検討が必要になるかもしれない。

ロゼッタが2015年6月21日に177kmの距離から撮影したチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星の核。ガスと塵からなるジェットを噴き出している。同彗星の核は、2つの塊がくっついたような形をしており、大きい方の直径は4kmほどある。 | 拡大する

ESA/Rosetta/NavCam

ロゼッタは、チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星が太陽に近づいていた2014年9月から2015年3月にかけて、彗星の核を取り巻くコマの分子を分析し、化学組成を調べた。 | 拡大する

ESA/Rosetta/NavCam

チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(67P)のコマ(彗星の核を包むガスや塵)に酸素分子(O2)が豊富に存在することが、同彗星を訪れている欧州宇宙機関(ESA)の彗星探査機ロゼッタの観測で分かった。酸素分子は、木星や土星の衛星など、太陽系の氷でできた天体ですでに検出されているが、彗星で検出されたのは今回が初めてだ。彗星は、太陽系形成期に生まれた微惑星の生き残りと考えられている。見つかった酸素分子は彗星形成時に核内に閉じ込められたものとみられるが、星や惑星の材料になる星間分子雲に酸素分子がこれほど豊富にあったとは考えられていない。今回の予想外の発見は、新たな謎を生み、太陽系の形成過程を説明する理論の再検討を促す可能性がある。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度