News

「超遺伝子」で決まるエリマキシギの恋のアプローチ法

Nature ダイジェスト Vol. 13 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2016.160107

原文:Nature (2015-11-16) | doi: 10.1038/nature.2015.18802 | ‘Supergene’ determines wading birds’ sex strategy

Ewen Callaway

エリマキシギの雄には、雌を獲得する方法が異なる3つの型があり、それぞれ外見も異なる。どの型になるかは125個もの遺伝子が連なった長いDNA領域の内容によって決まる。

拡大する

graphic-bee/istock/Thinkstock

シギ科鳥類のエリマキシギ(Philomachus pugnax)では、雄が配偶相手を勝ち取るために複数の奇妙な戦略を繰り広げる。同一種内に見られるこうした多様な戦略は、遺伝形質であることが以前から分かっていたが、今回それが「超遺伝子」と呼ばれる長いDNA領域の存在によって説明できることが、2つの独立したゲノム解析研究によって明らかになった1,2

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度