News

脳に注入可能な、超小型の神経活動記録装置

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150912

原文:Nature (2015-06-11) | doi: 10.1038/522137a | Injectable brain implant spies on individual neurons

Elizabeth Gibney

多数のニューロンの活動を一度に記録できる、超小型で生体適合性を有するメッシュ状の電子デバイスが開発された。この装置により哺乳類の脳機能解明が進む可能性がある。

このメッシュデバイスは柔らかいので、 小さく丸めてマウスの脳に注入できる。 | 拡大する

LIEBER RES. GROUP/HARVARD UNIV.

注射だけで、どんな装置も脳に配線できるようになるかもしれない。今回、物理学者、神経科学者、化学者からなる学際研究チームが、小さく丸めてマウスの脳に埋め込むことのできる、微小な電子素子を搭載した柔らかいメッシュ状デバイスを開発した。実際に、注入後にメッシュが広がって個々のニューロン(神経細胞)を探ったり刺激したりできることも示された。この研究成果は、Nature Nanotechnology 2015年7月号に掲載された1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度