News

撤去を迫られるハワイの望遠鏡

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150910

原文:Nature (2015-06-04) | doi: 10.1038/522015a | Hawaiian telescopes pruned

Alexandra Witze

ハワイのマウナケア火山は、先住民にとっては神聖な山であり、科学者にとっては天文台を設置するのに理想的な場所である。異文化間の対立により、この山の利用法をめぐるルールが変わろうとしている。

世界最大級の望遠鏡の建設計画が、ハワイ島の1つの山の未来の姿を大きく変えることになった。2015年5月26日、ハワイ州知事David Igeは、現在マウナケア山に設置されている13基の望遠鏡のうち3基か4基を10年以内に撤去することを条件に、建設反対運動が起きている30m望遠鏡(Thirty Meter Telescope;TMT)を当初の計画どおり建造することを許可すると発表した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度