News

大規模DNA解析で青銅器時代の秘密に迫る

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150914

原文:Nature (2015-06-11) | doi: 10.1038/522140a | DNA deluge reveals Bronze Age secrets

Ewen Callaway

古代人ゲノムの集団スケールでの分析が可能になったことで、欧州の言語や文化、技術のルーツと、それらが欧州からアジア全域にかけてどのように広まったかについて、重要な手掛かりが得られた。

図1 印欧語族の拡散
a 共通の起源を持つと考えられている印欧語族の言語は、ユーラシア広域における、有史以来の使用が記録されている(緑=現在の使用国)。これまでその地理学的起源として、2つの地域が提唱されてきた。トルコのアナトリア地方と、黒海とカスピ海の間に広がるステップ(ポントス–カスピ海ステップ)である。
b HaakらとAllentoftらによる、欧州全域と中央アジア出土のサンプルから得た古代DNAの分析結果は、どちらもステップのヤームナヤ文化からの人の移動を示していた。両者は、欧州中央部で栄えた縄目文土器文化がヤームナヤ文化を起源とすると結論している。Allentoftらはさらに、東方のアファナシェヴォ文化もヤームナヤに関連しており、またアンドロノヴォ文化とシンタシュタ文化は縄目文土器文化にその起源を持つことを示した。矢印は人の移動を示し、縄目文土器文化からの複数の矢印は、この考古学的時代の人々(あるいはその血縁)による、印欧語族の広範囲への拡散を反映している(色分けした区域の境界は、おおよそのもの)。 | 拡大する

2010年、4000年前の一房の毛髪から最初の古代人ゲノムが解読1された。それからわずか5年後の現在、研究者たちは現代人のゲノムと同様、数十の単位で古代人ゲノムの塩基配列を解読し始めており、このような集団スケールでの塩基配列解読から、ユーラシアの青銅器時代についての長年の疑問が解かれつつある。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度