News Feature

ペンタゴンと生命科学が手を組むとき

近年、米国国防総省(通称ペンタゴン)が、生物学研究を強力に支援し始めた。だが、一部の科学者は、ハイリスクな研究に軍隊式マネジメントで取り組んでうまくいくのかと、疑問視している。

拡大する

cosmin4000/istock/Thinkstock

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150922

原文:Nature (2015-06-11) | doi: 10.1038/522142a | The military-bioscience complex

Sara Reardon

Geoffrey Lingがテクノロジーの未来について語り始めると、アイディアがつむじ風のように渦巻いているのを感じる。彼は、人間が自然の寿命をはるかに超えて長生きし、頭脳を外部の「ハードディスクドライブ」にダウンロードし、人工知能によってその能力を高め、思念によってロボットや飛行機を操作する世界を熱っぽく描写する。「これらの技術は必ず実現します」とLingは断言する。「これからの20年は、目が回るような時代になるでしょう。私たちはすでに、そんな領域に足を踏み入れているのです」。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度