News Scan

しょっぱいエウロパの海

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150909b

茶色い筋の正体は変性した塩らしい

木星の衛星エウロパの地下の海には生命が栄えているかもしれない。これはいまだに隠された謎だ。だが、この氷の天体をめぐるもう1つの謎は丸見え状態で示されている。表面を縦横に走る亀裂やクレーターの多くを埋めている謎の茶色いヘドロ「ブラウンガンク」だ。「茶色いヘドロ。まさにそう表現するしかありません」と米国航空宇宙局(NASA)のCurt Nieburは言う。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度