News

「速度計」ニューロンがラットの脳で見つかった

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 9 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150906

原文:Nature (2015-07-15) | doi: 10.1038/nature.2015.17981 | ‘Speedometer’ neurons discovered in rat brains

Alison Abbott

2014年のノーベル賞受賞者のチームが、哺乳類の脳内ナビゲーション機構の重要な要素である「スピード細胞」を探し当てた。

拡大する

Geir Mogen/NTNU

長らく探求されてきた脳内の「速度計」が、ついにラットで見つかった。その正体は、ラットが速く移動するときには高頻度で発火し、ゆっくり進むときは低頻度で発火する、機能的に特化したニューロン群である。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度