News Feature

科学者たちの引退事情

高齢の科学者の多くは、次の世代のために場所を空ける必要があることは承知しているものの、定年制度は年齢による差別だと感じている。一方、定年制度が廃止された国のデータからは、意外な構造が浮かび上がってきている。

拡大する

ILLUSTRATION BY THE PROJECT TWINS

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150814

原文:Nature (2015-05-07) | doi: 10.1038/521020a | Stay at the bench, or make way for the next generation

Megan Scudellari

Hans-Hilger Ropersは、自分にはもう科学者としての悲願を果たせるだけの時間がないのだと悟った瞬間のことを鮮明に記憶している。それは2002年、ドイツ全土のマックス・プランク研究所(MPI)の研究者たちによる一連の講演を聴いていたときのことだった。最初に登壇した3人の著名な研究者が全員、「今日は、私がこの20年間ひたすら取り組んできた研究についてお話ししたいと思います」という趣旨の言葉で話を始めたのである。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度