News Feature

再現できない実験の裏に抗体あり

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150822

原文:Nature (2015-05-21) | doi: 10.1038/521274a | Blame it on the antibodies

Monya Baker

抗体は生物学の実験ツールとしてよく使われているが、市販抗体の説明書きと実際の性能の違いは深刻で、多くの誤った知見をもたらす元凶にもなっている。この現状を改革しようとする動きはあるものの、現状では、研究者1人1人が抗体の性能を確認することで対処するしかない。

2006年は、エール大学(米国コネチカット州ニューヘイブン)の病理学者David Rimmにとって、研究が順調に進んだ良い年だった。彼は当時、皮膚がんである黒色腫の有効な治療指針を得るための検査法を開発したところで、これによって患者の命を救えることが期待された。その検査法で使うのは抗体だった。抗体はY字形をした大型のタンパク質で、検査では、試料内の特定の生体分子に結合して存在を知らせるツールとなる。Rimmは、腫瘍の生検試料を特定の抗体の組み合わせで“染める”と現れるパターンが、外科手術後の再発防止に強い薬剤を患者に投与する必要があるかどうかを判断するために使えることに気付いた。そこで彼は、この検査法の臨床応用に向けて200万ドル(約2億4000万円)以上の資金を確保した。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度