News

人工気管移植で知られる外科医の複数論文に不正

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150810

原文:Nature (2015-05-28) | doi: 10.1038/nature.2015.17605 | Surgeon commits misconduct

David Cyranoski

Paolo Macchiariniが発表した論文では、先駆的な人工気管移植手術の成功について偽りの報告がなされていた。

拡大する

THINKSTOCK

カロリンスカ研究所(スウェーデン・ストックホルム)の客員教授である胸部外科医Paolo Macchiariniが6編の論文で科学的な不正行為を働いていたことが、ある独立した調査で明らかになった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度