News

モルヒネ合成酵母の完成が間近

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150808

原文:Nature (2015-05-21) | doi: 10.1038/251267a | Engineered yeast paves way for home-brew heroin

Rachel Ehrenberg

グルコースからモルヒネの前駆物質を生合成できる酵母株が作り出された。

モルヒネの製造が、バイオテクノロジーによってビール醸造のように簡単なものになろうとしている。カリフォルニア大学バークレー校(米国)のバイオエンジニアJohn Dueberらが、アヘンケシのオピエート生合成過程を、他の植物や細菌の酵素をつなぎ合わせて模倣することで、単糖であるグルコースをモルヒネの前駆物質に変換する酵母株を作製したのだ。この成果は、2015年5月18日にNature Chemical Biologyに掲載された1。今回の方法に他の先進技術を組み合わせれば、単一の遺伝子組換え酵母株にオピエートを作る全過程を組み込むことが可能だ。研究者らは、その完成までに、数年、もしかすると数カ月しかかからないと予想している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度