News

マンモスのゲノムは、「北極ゾウ」のレシピとなるか?

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150811

原文:Nature (2015-05-07) | doi: 10.1038/nature.2015.17462 | Mammoth genomes hold recipe for Arctic elephants

Ewen Callaway

極寒の地に暮らしたケナガマンモスとアジアゾウのゲノムが詳細に比較され、遺伝子の差異がカタログ化された。氷河期に北極圏で生息していた巨大な動物が、環境にどのように適応したかが明らかになりつつある。

拡大する

ケナガマンモスは、熱帯や亜熱帯に生息する他のゾウの仲間とは異なり、冬季の平均気温が−30~−50℃という極寒の地域に生息していたため、長く密生した被毛と厚い脂肪層、熱の損失を最小限に抑える小さな耳や尾を有していた。今回、そうした違いを生んだ数百点の遺伝的差異が初めて網羅的にカタログ化され、ケナガマンモス(Mammuthus primigenius)がアジアゾウ(Elephas maximus)との共通祖先からどのように進化したのか明らかになった(「マンモスの分岐」参照)。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度