News

タラ号の調査で見えてきた、海洋プランクトンの驚異の世界

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 8 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150804

原文:Nature (2015-05-21) | doi: 10.1038/nature.2015.17612 | Global ocean trawl reveals plethora of new lifeforms

Claire Ainsworth

帆船「タラ号」が世界の海で3年がかりで集めた膨大な量のプランクトン試料と関連データについて、分析結果の第1弾が発表された。これらのデータは、海洋に漂う小さな生き物たちの世界が、いかに豊かで多様であるかを物語っている。

拡大する

S.Bollet/Tara Expéditions

海洋プランクトンは海の生態系を支える存在であり、気候や生物地球化学的循環にも重要な役割を果たしているが、その詳細はほとんど知られていない。こうした謎に満ちた海洋プランクトンの生態を把握するため、世界40カ国の科学者からなる「タラ海洋探査国際コンソーシアム」は、2009年から3年以上にわたり、全球規模の探査航海を行った。このほど、この航海で集められた膨大な量の試料とデータに基づく最初の分析結果がScience 2015年5月22日号に5報の論文として発表され1-5、豊かで多様な海洋プランクトンの世界が明らかになってきた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度