News & Views

非コードRNAに、ペプチドがコードされていた!

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150731

原文:Nature (2015-04-02) | doi: 10.1038/nature14378 | Coding in non-coding RNAs

Peter M. Waterhouse & Roger P. Hellens

マイクロRNA配列の前駆体の非コード領域にペプチドがコードされていることが分かり、新しい遺伝子調節段階が明らかになった。遺伝子の間にある「がらくた」配列は、がらくたではないのかもしれない。

動植物では、多種多様な遺伝子の発現をmicroRNA(miRNA)が調節している1。そうした調節は、発生段階を通じた変化や環境ストレスへの応答など、さまざまな過程にとって極めて重要である。miRNAは配列が短く、primary miRNA(pri-miR)と呼ばれる前駆体転写物から酵素で切り出されて生成する。これまでpri-miRは、タンパク質をコードすることがないと考えられてきた。しかし、Nature 4月2日号の90ページで、トゥールーズ大学(フランス)のDominique Lauresserguesらがそれに対する強力な反証を提示している2。研究チームは、一部のpri-miRがペプチドをコードし、それがmiRNAの生成を強化していることを明らかにしたのだ。これはpri-miRがコードする機能性ペプチドに関する最初の報告であり、miRNAを直接生成しないpri-miR領域の重要性に新しい展望をもたらしている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度