News Feature

輸血を減らして命も救う

輸血は、今日の医療で最も過剰に行われている治療の1つであり、その費用は数千億円に上る。研究者たちは輸血を減らす方法を模索している。

拡大する

PHOTOGRAPH BY GREG WHITE

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150721

原文:Nature (2015-04-02) | doi: 10.1038/520024a | Save blood, save lives

Emily Anthes

2009年、スタンフォード病院・クリニック(米国カリフォルニア州)はコストを削減する方法を探していた。彼らが目をつけたのは輸血だった。同病院がその年に購入する輸血用血液は680万ドル(約8億2000万円)近くに上ると見られたが、輸血なしで治療を行える場合が多いことを示唆するエビデンス(科学的根拠)が蓄積してきていたからだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度