News

腫瘍で見つかる変異の30%以上は正常細胞にも見つかる

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150705

原文:Nature (2015-04-15) | doi: 10.1038/nature.2015.17329 | Cancer mutations often misidentified in the clinic

Heidi Ledford

効果的ながん治療を選択するためには、腫瘍組織と正常組織をセットで検査し、変異の重要性を見極めることが必要だと示唆する研究結果が報告された。

がん患者が病院で治療を受ける際、最も効果的な治療を決める目的で腫瘍のDNA分析が行われることが多いが、得られた結果の多くが正確とはいえない可能性があることが明らかになった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度