News

欧州最古の現生人類化石、4世代前にネアンデルタール人と混血か?

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 7 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150702

原文:Nature (2015-03-13) | doi: 10.1038/nature.2015.17534 | Early European may have had Neanderthal great-great-grandparent

Ewen Callaway

ルーマニアで出土した4万年前の下顎骨のゲノムが解析され、この現生人類の4~6世代前の祖先にネアンデルタール人がいたことが分かった。これまで混血が起こったのは中東でのみだと考えられていたが、 今回の研究結果で欧州においても起こっていた可能性が高まった。

拡大する

REF 1- PNAS

2015年5月8日、米国ニューヨーク州コールドスプリングハーバーで行われたゲノム生物学会議で、2002年に欧州で出土した既知最古の現生人類化石の中に、ネアンデルタール人の祖先を高祖父母程度の近い世代に持つ人がいたことが報告された。これまでは、現生人類とネアンデルタール人の混血は5万年以上前の中東でのみ起こったと考えられてきたが、この見方に疑問が投げ掛けられた形だ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度