News & Views

改良が進む樹状細胞ワクチン

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150630

原文:Nature (2015-03-19) | doi: 10.1038/nature14211 | Dendritic-cell vaccines on the move

Rachel Lubong Sabado & Nina Bhardwaj

抗腫瘍免疫応答を誘導する樹状細胞ワクチンは、がん患者の治療にはあまり有効ではなかったが、今回、ワクチン接種部位を前処置して炎症を誘発しておくと、このワクチンの効果が増強される可能性があることが分かった。

破傷風は死亡率が高いことから、日本では1952年に破傷風トキソイドワクチンが導入された。現在は、乳児期のうちからワクチン接種が開始される。 | 拡大する

evgenyatamanenko/istock/thinkstock

樹状細胞(DC)は「天然のアジュバント」と呼ばれることがある。これは、DCが免疫応答の開始を助けることに由来する。DCは体内を循環しており、病原体や腫瘍に由来するタンパク質を取り込むとそれをプロセッシングして、自己の細胞表面に抗原として提示する。抗原を提示したDCは、リンパ節に移動してT細胞を活性化し、防御免疫応答を引き起こす。DCのこのような特性を基盤に、がん患者に抗腫瘍免疫応答を誘導するための「腫瘍抗原を提示したDCを含むワクチン(DCワクチン)」開発が進められていたが1、この戦略は期待外れの結果に終わっている。しかし、デューク大学医療センター(米国ノースカロライナ州ダーラム)のDuane A. Mitchellらは、DCのリンパ節への移動を増加させるだけで、ヒトおよびマウスにおいて抗腫瘍免疫応答が劇的に増強されることを示し、DCワクチンの使用法を最適化する戦略をNature 2015年3月19日号366ページに報告した2

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度