News

ローレンシウムの居場所は決まるか

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150603

原文:Nature (2015-04-08) | doi: 10.1038/nature.2015.17275 | Exotic atom struggles to find its place in the periodic table

Davide Castelvecchi

103番元素ローレンシウムの第一イオン化エネルギーの測定に初めて成功した。周期表上のローレンシウムの位置と周期表自体の構造をめぐる議論が再燃するかもしれない。

図:(上)重ランタノイド(黒)と重アクチノイド(赤)領域のイオン化エネルギー
(下)イオン化エネルギーの値を高さで表した元素の周期表
アクチノイドのイオン化エネルギーがランタノイドに見られる傾向と一致した。
(アクチノイドのは予測値、他の●は実測値、*は今回新たに計算した理論値) | 拡大する

日本原子力研究開発機構

化学者と物理学者らによる国際共同研究チームが、103番元素ローレンシウム(Lr)の第一イオン化エネルギーの測定に世界で初めて成功し、Nature 2015年4月9日号に報告した1。今回の成功は化学では離れ業といえる。ローレンシウムは、自然界に存在せず人工的に作るしかないが、ごく微量しか作ることができない上、寿命が短い(ローレンシウム256で半減期約27秒)からだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度