News

ダーウィンの「奇妙な動物化石」の謎が解けた!

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150602

原文:Nature (2015-03-18) | doi: 10.1038/nature.2015.17138 | Mystery of Darwin's ‘strange animals’ solved

Jo Marchant

化石からタンパク質を回収してアミノ酸配列を解読することで、DNAの回収が困難な古い年代の化石であっても解析できることが実証された。この手法は、理論的には数千万〜数百万年前の化石にも適用できることから、生物の系統分類学に革命をもたらすかもしれない。

トクソドンの復元想像図。体はサイ、頭はカバ、歯は齧歯類という姿で描かれている。その化石から回収されたコラーゲンのアミノ酸配列は、この動物がウマやバク、サイに近縁なことを示唆している。 | 拡大する

Credit: Illustration by Peter Schouten from the forthcoming book "Biggest, Fiercest, Strangest" W. Norton Publishers (in production)

チャールズ・ダーウィンが1830年代に英国海軍測量船のビーグル号に乗って南米を訪れたとき、未分類の大型哺乳類の化石をいくつか発見した。その中には、ラクダに似ているが「こぶ」がなくて鼻の長いマクラウケニアや、サイのような体とウマのような頭部と齧歯類のような歯を持つトクソドンが含まれていた。トクソドンについてダーウィンは、「おそらく、これまで見つかった中で最も奇妙な動物の1つだ」と記述している。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度