News

「ブロントサウルス」が復活する?

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 6 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150605

原文:Nature (2015-04-07) | doi: 10.1038/nature.2015.17257 | Beloved Brontosaurus makes a comeback

Ewen Callaway

竜脚類ディプロドクス科の系統樹を見直した研究から、アパトサウルスと同種とされたジュラ紀の巨大草食恐竜ブロントサウルスに独立種であることを示す特徴が見いだされたという。

1989年に米国で発行された切手。 | 拡大する

USPS

ジュラ紀を代表する巨大草食恐竜として、その名が広く世に知られている「ブロントサウルス(Brontosaurus)」。だが、それが学名として存在したのは、実は発見からわずか20年余り、20世紀の初頭までだった。古生物学界が「アパトサウルス(Apatosaurus)」と同種であるという公式見解を示したため、分類学的地位を失ってしまったのだ。ところが、この決定から1世紀以上が経過した2015年4月7日、ブロントサウルスはやはり独立種として分類されるべきだとする研究結果がPeerJに掲載された1。類似の草食恐竜の化石数十点を新たに分析して導き出した結論だという。これまで、古生物ファンが口にせずにはいられなかった「ブロントサウルスという名前は20世紀初頭に無効になった」といううんちくにも、早速改訂が必要になりそうだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度