News Feature

天文光学で生体イメージング

天文学の補償光学技術をヒントに、不透明な物質を透視する手法が最近開発された。非侵襲的でより高分解能な生体イメージングを実現しようと、研究が熱を帯びている。

拡大する

ILLUSTRATION: VIKTOR KOEN

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150520

原文:Nature (2015-02-12) | doi: 10.1038/518158a | Super Vision

Zeeya Merali

トゥエンテ大学(オランダ・エンスヘーデ)の物理学者Allard Moskは、「うまくいき過ぎて、自分の目が信じられませんでした」と回想する。それは2007年のことだった。彼はそのとき、研究チームのIvo Vellekoopという学生と一緒に、表面を白く塗ったガラススライドに可視光線を照射し、普通なら白い表面に散乱されてほとんど通り抜けられない光を通り抜けさせ、スライドの向こう側で収束させる実験を行っていた。特段の応用を考えての実験ではなかった。「それまで誰もやったことがなかった実験を、自分でやってみたかっただけだったのです」とMoskは言う。「正直なところ、ぼんやりした光のしみ以上のものが得られるとは期待していませんでした」。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度