Research Highlights

ダーウィンフィンチの謎にゲノムから迫る

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 5 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150513

原文:Nature (2015-02-19) | doi: 10.1038/518308a | Finches sequenced

Magdalena Skipper

P. R. GRANT | 拡大する

ダーウィンフィンチは、「自然選択による進化」という理論の構築に重要な役割を果たしたことで知られ、選択圧により比較的短期間に多数の種に分岐した「適応放散」を象徴するモデルとなっている。この度、ダーウィンフィンチでは初めてとなる大規模なゲノム解析が行われ、この鳥の急速な進化は、適応の過程を通して種間の交雑が続いたことでもたらされた、という意外な事実が明らかになった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度