News

ニュートリノ振動の発見にノーベル物理学賞

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 12 | doi : 10.1038/ndigest.2015.151210

原文:Nature (2015-10-08) | doi: 10.1038/nature.2015.18513 | Neutrino flip wins physics prize

Elizabeth Gibney & David Castelvecchi

ニュートリノの変わり身の謎を解いた2人の物理学者がノーベル物理学賞を受賞した。

2015年のノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章(左)とArthur McDonald(右)。 | 拡大する

The Asahi Shimbun via Getty Images

ニュートリノ振動は、3種類(電子型、ミュー型、タウ型)のいずれかの形で存在するニュートリノが、飛行中にその種類(フレーバー)を変える現象だ。2015年のノーベル物理学賞は、このニュートリノ振動を実証して、ニュートリノが質量を持つことの証明に貢献した、東京大学の梶田隆章とクイーンズ大学キングストン校(カナダ)のArthur McDonaldの2人に贈られた。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度