News

硫化水素が最高温度で超伝導に

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2015.151111

原文:Nature (2015-08-20) | doi: 10.1038/nature.2015.18191 | Superconductivity record sparks wave of follow-up physics

Edwin Cartlidge

ごくありふれた物質が、これまでで最も高い温度で超伝導状態になることが分かった。最高温度の更新は21年ぶりで、この意外な実験結果に今、追試や理論研究が次々と行われている。

拡大する

ktsimage/istock/Thinkstock

硫化水素(H2S)が、これまでで最高の203K(-70℃)という温度で、電気抵抗がゼロの「超伝導状態」になることを、マックス・プランク化学研究所(ドイツ・マインツ)のMikhail Eremets、Alexander Drozdovらが発見し、Nature 2015年9月3日号に報告した1。H2Sは腐った卵の臭いの原因であり、火山ガスにも含まれる、ありふれた化合物である。今回の発見は、これまでの超伝導転移温度を大きく上回る新記録であることに加え、従来の高温超伝導体とは全く異なる物質で確認されたこと、高い転移温度が望めないと考えられていた機構で実現しているとみられることから、大きな注目を集めている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度