News & Views

無痛のスマートインスリン・パッチ登場!

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2015.151133

原文:Nature (2015-08-06) | doi: 10.1038/524039a | Diabetes: A smart insulin patch

Omid Veiseh & Robert Langer

血糖値の上昇を感知してインスリンを放出するよう設計された小型のパッチが開発された。このパッチには微細な針がたくさん付いているが、皮膚に貼り付けても痛くないという。実用化すれば、インスリン注射が必要な糖尿病患者の苦痛や不便さを解消できそうだ。

世界の糖尿病患者数は2億8000万人を超えており、糖尿病は21世紀最大の医療課題の1つとして広く認識されている1。糖尿病患者は、血糖値(血液内のグルコース濃度)を毎日自分で測定し、血糖値を正常範囲に維持するために適切な量のインスリン(血糖降下作用のあるホルモン)を皮下注射しなければならない2。この血糖値の調節法は、軽微ながらも痛みを伴い煩わしいだけでなく、正確さに欠ける上、差し迫った生理的要求に応じたインスリン投与量を厳密に調節しなければ深刻な問題が起こり得るなどの欠点があるため、改善が求められてきた3。このたびノースカロライナ大学チャペルヒル校(米国)のJicheng Yuらは、血糖値が上昇するとインスリンを放出するグルコース応答性マイクロニードルパッチを開発し、Proceedings of the National Academy of Sciences 2015年7月7日号で報告した4。このパッチには多くの微細な針(マイクロニードル)が取り付けられているが、皮膚に貼付しても痛くないという。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度