News

死線を越えると遺伝的多様性が高まる

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2015.151103

原文:Nature (2015-08-13) | doi: 10.1038/nature.2015.18182 | Flies that fight off parasites produce offspring with greater genetic mix

Richard Hodson

ショウジョウバエを使った実験で、病を乗り越えた雌からは遺伝的多様性が高い子が生まれるという結果が報告された。

キイロショウジョウバエ(Drosophila melanogaster)の実験結果から「赤の女王仮説」が裏付けられた。 | 拡大する

janeff/istock/thinkstock

細菌や寄生虫に感染した後、生き延びた雌のショウジョウバエは、健康な雌よりも遺伝的に多様な子を生み出すことが、2015年8月13日にScienceに発表された1

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度