News

免疫機構に検知されない薬物運搬ナノ粒子

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 11 | doi : 10.1038/ndigest.2015.151105

原文:Nature (2015-09-16) | doi: 10.1038/nature.2015.18380 | Nanoparticles disguised as blood-cell fragments slip past body’s immune defence

Elizabeth Gibney

血小板の細胞膜を身にまとった薬物運搬用のナノ粒子が開発された。このナノ粒子は、免疫機構を回避できる上に血小板の特徴も備えており、血管損傷部位に集積したり、細菌を効率的に吸着したりすることが可能だ。

血小板の細胞膜で被覆したナノ粒子の電子顕微鏡写真。バーは100nm、 | 拡大する

REF.1

体の免疫系をかいくぐることのできる新しい薬物送達法が、Nature 2015年10月1日号に報告された1。薬を閉じ込めたナノ粒子を血液成分である血小板に見えるように偽装するのだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度