News

大うつ病の遺伝子マーカー見つかる!

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2015.151017

原文:Nature (2015-07-16) | doi: 10.1038/523268a | First robust genetic links to depression emerge

Heidi Ledford

うつ病と関連する特定のゲノム塩基配列の探索は、これまで望み薄と考えられていたが、今回、大うつ病と強固な関連性を示す遺伝子が見つかった。この発見で、精神病に関係した遺伝子の捜索が熱を帯びそうだ。

うつ病にはさまざまな病態があり、そのために遺伝的関連が見つかりにくい。 | 拡大する

SPACES IMAGES/GETTYIN

2014年1月、うつ病に関連するDNA塩基配列の発見を目指す研究プロジェクトで最初の成功の兆しが見えたとき、誰よりも驚いたのは、プロジェクトを指揮していたJonathan Flint自身だった。彼は、勝算が低いことを知っていた。大うつ病性障害の患者9000人を対象とした精神医学ゲノムワイド関連解析コンソーシアム(PGC)の大うつ病性障害ワーキンググループの研究では何の手掛かりも得られなかったし1、それとは別の1万7000人を対象としたフォローアップ分析の結果も期待外れに終わったとうわさで聞いていたからだ。「まさか成功するわけがないと考えていました」とFlintは回想する。この時点で彼は、うつ病患者5303人の分析をようやく済ませたところで、対照群の分析はこれからであった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度