News

ペンタクォークをLHCで発見

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 10 | doi : 10.1038/ndigest.2015.151010

原文:Nature (2015-07-16) | doi: 10.1038/nature.2015.17968 | Forsaken pentaquark particle spotted at CERN

Matthew Chalmers

5個のクォークからなる短命で風変わりな粒子「ペンタクォーク」が、大型ハドロン衝突型加速器(LHC)での実験で発見された。ペンタクォークは、かつて日本の研究グループが発見したと報告したものの、その後の実験でその存在が否定されていた。

ペンタクォークの概念図。5個のクォークでできている。 | 拡大する

CERN

陽子や中性子は3個のクォークでできている。一方、ペンタクォークは、5個のクォークでできている短命で風変わりな粒子だ。2002年に発見したとの報告があったものの、その後の他グループの実験で、存在しないと結論されていた。今回、スイス・ジュネーブ近郊の欧州原子核研究機構(CERN)の大型ハドロン衝突型加速器(LHC)を使ったLHCb実験で、不安定な粒子の崩壊に関する実験データを分析した結果、ペンタクォークが発見された。LHCb実験グループの代表者であるGuy Wilkinsonは、「この発見は、原子核を1つにまとめている核力(強い相互作用)の理解において新たな時代を開くものです」と話す。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度