News & Views

重症エボラウイルス感染症のサルを回復させた治療薬

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150126

原文:Nature (2014-10-02) | doi: 10.1038/nature13746 | Ebola therapy protects severely ill monkeys

Thomas W. Geisbert

3種類のモノクローナル抗体を混合した治療薬「ZMapp」で、致死量のエボラウイルスを接種したサルは全て回復した。ZMappは、感染後の治療に用いられたことのある他の薬とは異なり、エボラウイルス感染症が進行した段階にあっても治療効果を発揮した。

図1:エボラウイルス

THOMAS W. GEISBERT

エボラウイルス(図1)やマールブルグウイルスが属するフィロウイルス科のウイルスは、最も致死率の高い病原体で、その致死率は50〜90%にも上る1。その中でも最も致死率が高いエボラウイルスのザイール種に、2014年初め、西アフリカ諸国のギニアで新しい株が出現し2、急速にリベリア、シエラレオネ、およびナイジェリアに広まった。これら各国の当局や国際機関が最善の努力を尽くしているにもかかわらず、当該記事執筆時点では、この感染拡大は収束しておらず、このウイルスの感染者数はフィロウイルスでは過去最悪を記録し、今もなお拡大し続けている。エボラウイルス感染症に対しては、承認薬もなければ、感染後の治療法も確立していない。よって、予防的介入により感染を防ぐことが最も有望であると考えられ、緊急の課題になっている。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度