News

重力定数の危機にライバルが結集

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150109

原文:Nature (2014-10-09) | doi: 10.1038/514150a | Rivals join forces to nail down Big G

Elizabeth Gibney

危機にある重力定数の「真の値」を見いだす実験を計画するため、計量学者たちが会合を重ねている。

キャベンディッシュが1798年に重力定数を測定するために使ったねじり秤の模型。

SSPL/Getty images

重力定数(万有引力定数)Gは、自然界の最も基本的な物理定数の1つだが、人類はまだ、精度の高い値を見いだしていない上、科学者たちが実験で得た重力定数の値のばらつきは近年大きくなってきている。重力定数を測定している世界の一流の計量学者たちは、会合を重ね、正しい測定値が得られる実験計画を考え出そうとしている。重力定数の測定には、非常に精密な実験が必要であり、これまでライバルだった研究者たちがともに研究することも必要になりそうだ。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度