News

欧州のイモリを襲う新興感染症

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150104

原文:Nature (2014-10-30) | doi: 10.1038/nature.2014.16249 | Fungus from Asia threatens European salamanders

Emma Marris

近年、欧州の有尾類個体群に壊滅的な被害を及ぼしている新興感染症の原因が、アジア固有の真菌であることが明らかになった。ペットの大規模な輸出入により、世界的な流行が懸念される。

THINKSTOCK

2010年、オランダでマダラサラマンドラ(Salamandra salamandra)と呼ばれるイモリの仲間が、謎の死を遂げ始めた。被害の拡大を食い止めようと、保護活動家たちは健康そうな野生個体を集めて保護することにしたのだが、そうして隔離飼育した39個体も間もなく次々と死んでいった。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度