News

植物成長ホルモンジベレリンはシダ植物の性決定にも関与する

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150103

原文:Nature (2014-10-23) | doi: 10.1038/nature.2014.16214 | Ferns communicate to decide their sexes

Mark Zastrow

カニクサというシダ植物の研究から、フェロモン様の物質を利用して集団内の性比を調節するという、一部のシダ植物に特有な性決定機構の詳細が明らかになった。

THINKSTOCK

ヒトを含む動物では、生殖および子の生物学的な性決定は通常、親である雄と雌の2者間で完結する。しかし、カニクサ(Lygodium japonicum)と呼ばれるシダ植物では、個体の性決定にはそれが属する集団全体が関与しているらしい。名古屋大学生物機能開発利用研究センターの松岡信および上口美弥子を中心とする研究チームはこのたび、カニクサの集団内で、早く成熟した個体の分泌する物質が、周囲に存在する遅く発生した若い個体の性を決定するフェロモンとして機能する仕組みを明らかにし、Science 2014年10月24日号で報告した1。こうした集団規模の性決定機構は、集団内での雄と雌の比率を一定に保つことで、集団全体としての生殖の高速化を可能にしていると考えられる。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度