News

幹細胞から成熟β細胞の作製に成功

Nature ダイジェスト Vol. 12 No. 1 | doi : 10.1038/ndigest.2015.150111

原文:Nature (2014-10-16) | doi: 10.1038/514281a | Stem-cell success aids diabetes fight

Heidi Ledford

インスリンを産生する成熟β細胞を、in vitroで幹細胞から大量に作製する方法が開発された。現在の課題は、1型糖尿病患者に移植した成熟β細胞を、患者の免疫系による攻撃から守ることである。

Douglas Melton(奥)が率いる研究チームが、ヒト幹細胞からインスリンを産生する細胞を作製した。

SUZANNE KREITER/BOSTON GLOBE/GETTY

Jose Oberholzerは米国の外科医で、インスリンを分泌するβ細胞を移植することで、毎年数人の1型糖尿病患者を毎日のインスリン注射から解放している。1型糖尿病は、膵臓のインスリンを分泌するβ細胞が破壊される自己免疫疾患である。しかし、現在のβ細胞移植は満足できる治療とは言い難い。脳死したドナーの膵臓からβ細胞を採取するのだが、量は少なく、質もさまざまなのだ。さらに、移植を受けた患者は、非自己細胞への免疫応答を抑制する薬剤の投与を受けねばならず、これにより、腎障害が引き起こされることもある。

全文を読むには購読する必要があります。既に購読されている方は下記よりログインしてください。

Nature ダイジェスト Online edition: ISSN 2424-0702 Print edition: ISSN 2189-7778

プライバシーマーク制度